寝室

民泊に期待されていること

きれいなソファ

2016年に入ってから、東京都の大田区を始め、幾つもの市区町村が特区民泊となり、仲介業者も次々と増えてくるなど、日本も世界のホームシェアリングのブームに乗る動きが見られています。でも、海外からの見知らぬ訪問客を、ホテルでも旅館でもなく、民間人の家で迎えることは、それ程易しいことではありません。言語や文化の問題を始め、日本人同士では生じ得ないような問題も持ち上がってくることでしょう。では、それでもなぜ今民泊が注目され、そのための新たな条例が制定されているのでしょうか。
民泊は、日本の抱える大きな二つの問題を解決する救世主と見られているのです。一つ目の問題は、宿泊先不足です。特に2020年には東京オリンピックが開かれ、東京を訪れる人の数も、かつてない程膨れ上がることは簡単に予測できます。しかし、短期間で都心に沢山の宿泊施設を建設するのが難しい現状を考えると、民泊によって宿泊施設を大きく増やせる可能性があります。また民泊が普及すれば、現代日本の抱えるもう一つの大きな問題、つまり空き部屋問題の深刻化をとどめることができるかもしれません。
まだまだ課題はありそうですが、期待も大きいです。これから仲介業者などの民泊ビジネスがどれだけ浸透していくか、楽しみでもありますね。

TOP