寝室

民泊のニーズについて

部屋

日本国内でどんどん宿泊施設が足りなくなっています。もちろんそれは一時的な観光客が増えているということもありますが、日本国内に高齢者が増えていることで海外からの労働者も増えているからです。こうなってくるとホテルではなくこのような安くて気軽に使える民泊等の環境は必然的に必要になってきます。
実際のところ日本の一戸建てやマンションには空きがどんどん増えていて、複数人で住んでいた一戸建てが一人暮らしになっていることも少なくありません。
そこでお勧めしたいのがこうした施設を有効に使う民泊です。まだまだ法整備が整っていないだけあって、どのような使い方になるのか見えていないところもありますが、環境さえ整えばうまい使い方を行って少しでも海外の方々をするお手伝いができるのではないかと思います。もちろん、こうした新しいスキームともなれば、高齢者は受け入れるにあたり、いろいろな抵抗感もあるかもしれません。
それだけに自治体や国がいかに抵抗なく、民泊を導入することができるかがポイントになります。これからの日本が海外からの受け入れがうまくいくかどうかはこうした民泊の導入がスムーズに進むかどうかにかかっているといえます。

TOP