寝室

世界の民泊ビジネスに加わるにあたって

おしゃれな部屋

世界に向けたビジネスを、自分の手で行ってみたいと思いますか。今や日本にいながら、特に難しい資格試験を受けなくても、そうできるチャンスがあります。民泊です。世界でホームシェアリングが流行していて、日本でも、外国人旅行者をターゲットにした民泊サービスが動き始めています。ただし、空き部屋があれば誰でもすぐに始められるとは限りません。民泊を始めるにあたって、考慮すべき代表的な問題を一つだけ取り上げてみましょう。
例えば、民泊仲介業者に登録すると、それと同時に、あなたが提供する物件に泊まってみたいと思う世界中の人からの問い合わせが来るかもしれません。日本語、英語のみ対応と書いてあったとしても、容赦なくそれ以外の言語で問い合わせてくることがあるようです。また国によっては時差があるため、即座に問い合わせに対応するのが難しく感じるでしょう。事前に仲介業者に仕事を依頼する手はずを確認しておくと良いかもしれません。
このような言語によるトラブルは、簡単に予測できる事の一つに過ぎません。実際に民泊を始めるとしたら、山のような障害を乗り越える必要があるかもしれません。今すぐにと焦らずに、少しずつ着実に仲介の確保など準備を進めていくようにしましょう。

民泊の拡大利用について

日本でも急ピッチで民泊の導入について法整備が進んでいます。しかし、問題は実態に合った法整備が整うのかどうかです。一般旅館業法との兼ね合い、ようするにかつてから存在する旅館やホテルとどう住み分けていくかによって、これ次第では民泊がうまく活用されないことにもつながりかねません。
民泊といってもやはり、一般家庭で空きのある部屋を活用するというレベルからのスタートであり、ほとんどの方がこのパターンに当たるわけです。だからこそ、あまりにもハードルが高いとその導入が進まなくなることは今から目に見えています。もちろん、仲介業者ともいえる代理店扱いの仲介会社にはきちんとした申請、登録、免許というハードルを設けておくことは必要です。
どんな業界でも一番ポイントになるのは現場です。現場の運用がうまくいかないような法整備やルール作りは特に民泊にはマイナス要素でしかありません。ひいては海外からの観光客の受け入れにも影響が出てくるはずなので、しっかり考えて仲介業者の確保や法整備を行ってほしいと思います。
そして、2020年には予測される4000万人の海外からの渡航客を受け入れることが出来るようなキャパシティを、民泊を活用することで実現していくべきかと思います。

民泊を利用する際に確認すべき事とは

日本を含め、世界各地で「民泊」が流行しています。世界的にはホームシェアリングと呼ばれていますが、民泊を利用すれば、その土地により一層密着した生活を送ることができ、旅がより一層豊かなものとなるかもしれません。また一般のホテルと比べてコストパフォーマンスも良いので、是非一度は使ってみたいですね。でも、世界は広く、民泊ホストにも様々な背景の人がいるので、幾らか注意も必要です。では民泊を利用する際には、どんなことを特に確認したら良いでしょうか。
まず、悪徳業者や悪辣な目的を持ったホストではないかを見極める必要があります。とてもマイナーな仲介業者を利用することや、ホストの身元確認や宿の運営状態が十分に確認できない部屋を予約することはせずに大手の仲介業者を利用するようにしましょう。なんだかんだ言って同国人同士の価値観は似た所があるので、日本人の口コミがあると、かなり参考になりますね。また、特に悪いホストでなかったとしても、万一トラブルが起きてしまった際の補償があるのかどうか、どんな対応策を打ち出しているかは確認しておく必要があります。
事前によく仲介業者、ホストを比較検討すれば、旅を楽しいものとしてくれる、安全で快適な宿を確保できるはずです。宿選びから、楽しんで行えると良いですね。

TOP